就業規則が労使のトラブルを防ぎます!!就業規則・各種社内規定の作成・変更は、大阪府堺市のみなみ社労士事務所へ

リスクマネジメントにより企業を力強くサポートします! みなみ社会保険労務士事務所/大阪府堺市の社労士事務所



労災・雇用保険
労災保険特別加入
健康保険・厚生年金保険
給与計算
就業規則・各社内規定
助成金
是正勧告への対応
あっせん代理
派遣・介護事業等許認可申請
新規設立法人運営サポート

労働時間制度・残業代削減
賃金制度設計

事務所案内
料金案内
セミナー案内
リンク

<事務所>
〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5-32
新町ビル504
TEL:072-242-8255
FAX:072-242-8256





































































HOME > 就業規則・各社内規定



1.就業規則が会社を守ります
 常時10人以上(パート、アルバイトを含む)の労働者を使用する使用者は、一定事項について就業規則を作成し、労働基準監督署に届け出なければなりません。就業規則を変更した場合も届け出が必要です。

 いつ作成されたか分からない
ままだったり、モデル就業規則をそのまま使用したりしてませんか?

 不測の事態が発生した時に定めがなかったり、読んでも分かりづらく解釈に困るようではトラブルの元ですよ。

Q.モデル就業規則で十分と思うが...
A.市販されているモデル就業規則は、比較的大企業を前提に作成されていますので、中小企業の実態に合わなっかたり、不要な項目が多かったりします。例えば、試用期間や退職及び解雇の規定は必ずといっていいほど労使間トラブルのもとになります。現実の企業に即した就業規則にしておけば、未然にトラブルを防ぐことができます。

Q.法改正毎に変更しないといけない?
A.毎年にように法律改正が行われているが、もちろん就業規則の改正も必要となってきます。面倒でも就業規則を変更し、その都度労働基準監督署へ届け出なければなりません。

Q.みなみ事務所に頼むメリットは?

A.助成金申請にもつながるよう作成しますので、会社の利益になります。
  実際にあったトラブルを根拠に作成しますので、
労使間トラブルの予防になります。
  労働条件を明確に定めることにより、
社員のモチベーションをアップさせることができます。

2.就業規則に関するQ&A
Q1.「就業規則」とは何か
Q2.就業規則と法令や労働協約、労働契約との関係は

Q3.就業規則の作成・届出義務がある「常時10人以上の労働者」に含まれる労働者の範囲
Q4.就業規則には具体的にどのような項目を記載しなければならないか
Q5.就業規則への記載項目のうち、特に「解雇」に関する定めはどのようにすればよいか
Q6.就業規則の作成・変更時の意見聴取の対象に、過半数代表者として選出できる労働者の範囲と選出方法
Q7.パートタイマーの就業規則はパートタイマーの代表者から意見聴取をしなければならないか
Q8.労働者側が意見書に反対意見を示したり、署名または記名押印を拒否した場合の就業規則の効力
Q9.全社一斉に就業規則を変更する場合の意見聴取と届出の方法
Q10.就業規則の周知方法にはどのようなものがあるか
Q11.就業規則の効力は、どの時点から発生するのか
Q12.パートタイマー用の就業規則がなければ、正社員の就業規則がそのまま適用されてしまうのか
Q13.就業規則に定めがあれば、本人の個別同意がなくても転勤や出向をさせられるか
Q14.出向社員には出向先と出向元のどちらの就業規則が適用されるのか
Q15.派遣労働者には派遣先と派遣元のどちらの就業規則が適用されるのか
Q16.就業規則に関する不利益変更の考え方について
Q17.従業員に有利に変更する場合、従業員の意見聴取は必要か


3.作業フロー
ヒアリングを実施
(現在の整備状況、今後の方針、従業員からの質問が多い内容など)
 ↓

ヒアリング結果により、御社に必要な規定・項目をご提案
 ↓
就業規則(案)を作成
 ↓
打ち合わせ、修正・・・2回程度
 ↓
役員、従業員説明(結果によっては、再度修正する場合あり)
 ↓
届出書・意見書・就業規則を監督署へ提出、必要部数を納品

※作業期間は、就業規則の整備状況、作成する規定の種類、打ち合わせの進捗状況によりますが、1ヶ月から3ヶ月を目処にお考え下さい。

4.料金
 就業規則の整備状況、事業所の数、作成する規定の種類、役員・従業員説明の有無などにより見積もりいたします。


労基署から是正勧告を受けてしまった...

従業員から質問されて困ることが多い...

就業規則をきちんと整備すれば、悩まなくて済みますよ!!



このページのトップへ 

<営業対象エリア>
阪府、奈良県、和歌山県、京都府、兵庫県全域
大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市都島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市堺区、堺市北区、堺市西区、堺市中区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四条畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、忠岡町、千早赤阪村、豊中市、豊能町、富田林市、寝屋川市、能勢町、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、岬町、箕面市、守口市、八尾市

※その他の地域も相談承ります。
Copyright (C) 2006-2015 みなみ社会保険労務士事務所 All Right Reserved.