労働トラブルのご相談、個別労働紛争のあっせん代理は、大阪府堺市のみなみ社会保険労務士事務所(みなみ社労士事務所)へ

リスクマネジメントにより企業を力強くサポートします! みなみ社会保険労務士事務所/大阪府堺市の社労士事務所



労災・雇用保険
労災保険特別加入
健康保険・厚生年金保険
給与計算
就業規則・各社内規定
助成金
是正勧告への対応
あっせん代理
派遣・介護事業等許認可申請
新規設立法人運営サポート

労働時間制度・残業代削減
賃金制度設計

事務所案内
料金案内
セミナー案内
リンク

<事務所>
〒590-0079
大阪府堺市堺区新町5-32
新町ビル504
TEL:072-242-8255
FAX:072-242-8256

























































































HOME > あっせん代理



1.こんな経験ありませんか?

@退職した社員から内容証明郵便が届いたら?
 労働者と話し合って納得して退職してもらったはずなのに、
「解雇予告手当をお支払い下さい、支払いのない場合は法的手段をとります」ってどういうこと?

 確かに話し合ったつもりでも労働者は突然のことでビックリして訳も分からず返事をしてしまうことが多いようです。そして
「退職を勧められた=解雇」と思ってしまうのです。

 内容証明郵便はあくまで意思表示の一つの手段なので、必ず従う必要はありません。しかし、場合によっては
あっせん訴訟などでとことん争うつもりかもしれませんので、無視するのではなく、もう一度話し合うことが望ましいでしょう。

A有給休暇を全て消化して退職したいと申し出てきたが...
労働基準法上の有給休暇は、
「有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に有給休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季に与えることができる。−労基法第39条43項−」
となっており、使用者には
時季変更権があります。

 ただし、時季を変更できるのは労働義務がある日に限られ、退職日以降には変更できません。つまり、権利を行使できないのです。退職日に合わせて有給休暇を申請されると、法律の趣旨から拒否できません。

 そのために、就業規則等に
「退職時は業務に必要は範囲で引継ぎに応じること」などを定めておけば、少なくとも引継ぎに応じない労働者には対応できます。

B時間外労働を拒否されたら?
 時間外労働は、
36協定を締結届け出ており、就業規則「業務上の都合によりやむを得ない場合には、36協定により時間外労働を命じることがある」旨の定めがあれば、その範囲で時間外労働を命じることができます。

 もし労働者が時間外労働の義務があるのに拒否した場合、業務命令違反として
懲戒処分の対象となります。判例でも、残業拒否を理由に最終的に懲戒解雇したケースも有効とされています。

 ただし、労働者に時間外労働に応じがたい事由があるときなど、むやみに厳しい対応をするのは
懲戒権の濫用と扱われる場合があるので注意が必要です。

C移動時間も拘束されているから労働時間?
 出張などで目的地までの電車、バスなどの乗り物に単に乗っている時間は労働時間になるのでしょうか?

 労働者の立場からすると一見時間を拘束されるので労働時間のようにも思えます。実際、その乗り物から降りて自由に行動できる訳でもなく、交通機関に拘束されています。

 しかし、その間眠っていようが、飲食をしようが、新聞を読もうが全く自由で、
外出を制限された事業場内の休憩時間と同じという扱いとい考えになります。

 このような出張の場合、拘束時間が長くなるのでその拘束の代価として日当、出張手当などは必要と考えられます。



2.もしトラブルが起きてしまったら?

 ここ数年、企業組織の再編や人事労務管理の個別化に伴い、労働関係に関する事項についての事業主と個々の労働者との間の紛争が増加しています。これら紛争の最終的な解決手段としては裁判制度がありますが、そのためには
多くの時間多くの費用が必要となります。

 万が一、労使間トラブルが起こってしまった場合の解決方法としては、弁護士に依頼し裁判で解決を図るというのがこれまでの手段でした。

 しかし、平成13年10月1日から
個別労働紛争解決促進法が施行されたことに伴い、平成15年4月1日の社会保険労務士法の改正により、社会保険労務士あっせん代理人として事業主または、労働者の代理人になることができるようになりました。

 あっせんは
非公開で行われ、プライバシーは保護されますので安心です。

<あっせんとは...>
 当事者の間に学識経験者である第三者が入り、双方の主張や要点を確かめ、場合によっては、両者が採るべき具体的なあっせん案を提示するなど、紛争当事者間の調整を行い、話合いを促進することにより、紛争の円満な解決を図る制度です。

3.あっせん手続の流れ
あっせん申請(通常は労働者からされます。事業主からの申請も可能。)
 ↓
事前調査の実施(都道府県労働局)
 ↓
あっせんの開始・不開始の決定(都道府県労働局)・・・通常あっせん申請から
約1週間前後
 ↓
紛争調整委員会によるあっせん・・・
原則1回1〜2時間程度で行われます
 ↓
あっせん成立・・・
民事上の「和解」と同様の効果
又は
あっせん打切り・・・
双方にまったく譲歩の意志がない受理後1〜2ヶ月の処理期間内に双方の合意が得られない場合


セクハラなど非公開で解決したい

迅速に解決したい

あまり費用を掛けたくない... などなど



このページのトップへ 

<営業対象エリア>
阪府、奈良県、和歌山県、京都府、兵庫県全域
大阪市旭区、大阪市阿倍野区、大阪市生野区、大阪市北区、大阪市此花区、大阪市城東区、大阪市住之江区、大阪市住吉区、大阪市大正区、大阪市中央区、大阪市鶴見区、大阪市天王寺区、大阪市浪速区、大阪市西区、大阪市西成区、大阪市西淀川区、大阪市東住吉区、大阪市東成区、大阪市東淀川区、大阪市平野区、大阪市都島区、大阪市港区、大阪市都島区、大阪市淀川区
池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河南町、河内長野市、岸和田市、熊取町、堺市堺区、堺市北区、堺市西区、堺市中区、堺市東区、堺市南区、堺市美原区、四条畷市、島本町、吹田市、摂津市、泉南市、太子町、大東市、高石市、高槻市、田尻町、忠岡町、千早赤阪村、豊中市、豊能町、富田林市、寝屋川市、能勢町、羽曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、岬町、箕面市、守口市、八尾市

※その他の地域も相談承ります。
Copyright (C) 2006-2015 みなみ社会保険労務士事務所 All Right Reserved.